差分

[私たちの用語]

差分とは

『ある事象は、ただ一人が、ただ一度だけ設計することにより、ただ1つだけしか存在してはならない』
これは、設計対象の事象を、共通なものと、個別なものとに分類すること、すなわち個々の事象の重複性・類似性に着目し、それらから共通要素の抽出を行う作業である。
結果、共通要素の抽出後に残る個々の差分(ユニークな事象)のみを製造すればよい。

ユニークな事象を各担当者に分配することで、作業の並列化を図ることができ、また実装された機能もユニーク性を保持できるため、メンテナンシビリティが向上する。