ISO15022

[私たちの用語]

ISO15022とは


ISO15022は、証券取引に使用するメッセージのISO規格。
金融業界の参加者は、SWIFTが標準定義したこのメッセージスキーマを使用し、企業間のメッセージ交換を行う。

ISO15022規格のSWIFTメッセージは、3 つのヘッダー、メッセージの内容、トレーラーを含む、5 つのデータ・ブロックからなる。メッセージ・タイプは、内容を識別する上で重要なもの。

ISO15022規格のSWIFT メッセージにはリテラル「MT」(メッセージ・タイプ) が含まれる。


MT101

最初の1桁 (1) はカテゴリーを表す。
カテゴリーは、Precious Metals、Syndications、または Travelers Checks など、特定の金融証書やサービスに関連するメッセージを示す。1 で表されるカテゴリーは、Customer Payments and Cheques である。
2桁目 (0) は、トランザクションのライフサイクル内の関連パーツのグループを表す。
0 で示されるグループは、Financial Institution Transfer である。
3桁目 (1) は、特定のメッセージを表すタイプ。
1 で表されるタイプは Request for Transfer である。

また、各メッセージには、固有 ID が割り当てられる。ユーザーがログインするたびに 4 桁のセッション番号が割り当てられる。次に、各メッセージに 6 桁のシーケンス番号が割り当てられる。これらが結合されて、ユーザーのコンピューターから SWIFT への ISN (Input Sequence Number)、または SWIFT からユーザーのコンピューターへの OSN (Output Sequence Number) になる。


さらに、各メッセージには、Logical Terminal Address (12 文字 BIC)、Day、Session および Sequence numbers が結合され、それぞれ MIR (Message Input Reference) および MOR (Message Output Reference) が指定される。

SWIFT メッセージ・タイプについては、「SWIFT User Handbook」を参照。